1:もろ禿HINE! ★@\(^o^)/:2015/12/19(土) 09:10:56.47 ID:CAP_USER.net
地球からわずか14光年という「至近距離」に、地球型の惑星が発見された。生命が存在する可能性のある惑星としては、これまで見つかった中で地球から最も近い。

この惑星は地球から14光年の距離にある赤色矮星(わいせい)「ウルフ1061」を周回する3つの惑星の1つ。オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学の研究チームが南米チリにある欧州南天天文台の大型望遠鏡を使って発見した。

惑星は3つとも固い岩盤が存在している可能性がある。中でも「ウルフ1061c」という惑星は、恒星との距離が極端な暑さや寒さにさらされない圏内にあって、液体の水が存在し得る「ハビタブル(居住可能な)」惑星に分類できることが分かった。

研究チームを率いるダンカン・ライト氏は、「これまで見つかったハビタブル惑星の中で、これほど地球に近いものはほかにない。これほどの近さであれば、もっと多くのことが分かるチャンスは十分にある」と解説。メンバーのロブ・ウィッテンマイヤー氏も「生命が存在できるかどうかを探るため、大気を調べることも可能かもしれない」と述べた。

ただしウルフ1061cの重力は地球の約1.8倍。一方は常に恒星の方を向いていて極端に暑く、反対側は常に日が当たらず極端に寒い環境にあると思われる。それでも部分的に日が当たる地域に生命が存在できる可能性はあるとライト氏は期待する。



※下記リンクより一部抜粋。全文・関連記事はソースで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151218-35075186-cnn-int
2:名無しのひみつ@\(^o^)/:2015/12/19(土) 09:13:56.25 ID:3B6mNsv8.net
片道途中で寿命全う
3:名無しのひみつ@\(^o^)/:2015/12/19(土) 09:14:25.13 ID:URbRkCHa.net
たったの14年先じゃないか

お隣さんやな
5:名無しのひみつ@\(^o^)/:2015/12/19(土) 09:23:51.13 ID:OiO/I6vi.net
気付くの遅くね
15:名無しのひみつ@\(^o^)/:2015/12/19(土) 10:33:27.50 ID:2HgodmFr.net
>>5
恒星を回っている岩石惑星を直接観測出来るようになったのは、最近の事だぞ。
6:名無しのひみつ@\(^o^)/:2015/12/19(土) 09:25:28.04 ID:h/EfYFfm.net
今の技術だと何年で到着できるんだよ
8:名無しのひみつ@\(^o^)/:2015/12/19(土) 09:45:13.66 ID:DJnot/Db.net
自転していないのか?だったら、生物が地上を周回するしかないな
10:名無しのひみつ@\(^o^)/:2015/12/19(土) 09:51:32.66 ID:iOV/pQdW.net
存在するかどうかも定かでないはるかかなたの惑星なんて
現在の技術力では到達するのも不可能だから、火星とか月をテラフォーミングするほうが現実的だと思うわ。
19:名無しのひみつ@\(^o^)/:2015/12/19(土) 13:55:27.85 ID:gk+IgPfK.net
自転しない惑星?

常温の水空気がある惑星で、自転してないって、いったいどういう気候なんだろうか
21:名無しのひみつ@\(^o^)/:2015/12/19(土) 14:21:59.91 ID:rRxQDyiR.net
> 一方は常に恒星の方を向いていて極端に暑く、反対側は常に日が当たらず極端に寒い環境にあると思われる

なんだよ。こんな環境じゃ無理。解散!
宇宙は広くてもまともな星1つ無いじゃねえか。
24:名無しのひみつ@\(^o^)/:2015/12/19(土) 15:42:12.79 ID:1x6Gs1Ia.net
今の技術だと1光年は何年かかるの?
30:名無しのひみつ@\(^o^)/:2015/12/19(土) 17:31:58.64 ID:vkwjaSOJ.net
>>24
人類が他の全てを投げうって、その星の近くを通り過ぎるだけの飛翔物を作ったら数百年で着くかも?
44:名無しのひみつ@\(^o^)/:2015/12/19(土) 23:30:36.19 ID:i9l4ESJm.net
>>30
1光年を500年でつくなら、秒速600キロくらいか。

史上最速のヘリオスが秒速70キロだから、まあ目標としてはいいとこかもな
28:名無しのひみつ@\(^o^)/:2015/12/19(土) 16:42:06.48 ID:y7EjF1IC.net
光の速さで動く宇宙船作ってから考えよう
【惑星科学】地球から14光年、最短距離の「生命の存在可能な」惑星発見
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1450483856